戸建て売却でお困りではないですか?

仲介手数料を詳しく知ろう!

不動産売却にかかる仲介手数料とは?

「仲介手数料」とは、不動産売却の際に仲介した不動産会社に

支払う手数料のことです。

 

不動産会社と契約を結ぶと、

 

不動産流通ネットワークに物件登録

・チラシや自社HPに掲載

・ポータルサイトへの掲載

・オープンハウス

 

など様々な方法で不動産を探している方への広告をして

アプローチを行い買主を探してくれます。

 

仲介手数料は、売買契約が成立するまで発生しません。

不動産会社の仲介業務に対して支払われる成功報酬です。

もし売買契約が無効や取り消しになった場合も支払う必要はありません。

不動産会社に支払う費用は、仲介手数料以外は発生しません。

仲介手数料はいくらかかるの?

仲介手数料の上限額とは?

不動産売却時の仲介手数料は、宅建業法によって上限が決められています。

 

第46条

宅地建物取引業者が宅地又は建物の売買、交換又は貸借の代理又は媒介に関して受けることのできる報酬の額は、国土交通大臣の定めるところによる。
2.宅地建物取引業者は、前項の額をこえて報酬を受けてはならない。

 

法律の上限を超える手数料を受け取った場合は、法令違反となり不動産会社が処罰されます。

 

▼上限額は取引額(売買額)の区分ごとに上限が決められており、次の表の通りとなっています。

 

200万円以下の部分 5%+消費税
200万円~400万円以下の部分 4%+消費税
400万円以上の部分 3%+消費税

 

上の表の計算式で計算すると取引額を分割して計算しなくてはいけないので

少しややこしいです。そこでもっと簡単に計算する方法があります。

それが速算法の計算式す。

▼速算法の計算式は次の表の通りとなっています。

 

200万円以下 5%+消費税
200万円~400万円以下 4%+2万円+消費税
400万円以上

3%+6万円+消費税

 

仲介手数料を計算してみよう!

実際いくらかかるの?

速算法の計算式を使って計算してみましょう。(消費税は10%で計算)

 

取引額が350万円の場合、

 

350万円×4%+2万円+消費税=17万6000円

 

仲介手数料の上限は17万6000円になります。

 

 

取引額が2000万円の場合、

 

2000万円×3%+6万円+消費税=72万6000円

 

仲介手数料の上限は72万6000円になります。

仲介手数料はいつ支払うの?

仲介手数料は不動産会社への成功報酬ですので、

売買契約が成立するまで支払う必要はなく、売買契約が成立してから支払いが発生します。

 

仲介手数料の支払いのタイミングは、「売買契約締結時に半分、物件の引き渡し時に残りの半分」が一般的です。

 

まれに売買契約時に全額支払うように請求される場合もあるので、

仲介手数料をいつ支払うのかも、媒介契約時にしっかり確認しましょう。

Access

岐阜羽島駅より車で約10分の合同会社Prestateで土地戸建ての売却相談を

概要

店舗名 合同会社Prestate
住所 岐阜県安八郡安八町南條253番地
電話番号 0584-47-8640
営業時間 9:00 ~ 18:00
定休日 年中無休
最寄り 岐阜羽島駅より車で約10分

アクセス

地域密着型の不動産会社だからこそのノウハウを活かし、お客様に寄り添って納得のいく売却ができるよう、精一杯の手助けをさせていただきます。日々の中で自分なりの答えを探し出し、売買をはじめとした土地活用など、お客様にとっての最適な提案をいたします。
Contact

お問い合わせ

RELATED

関連記事