DICTIONARY
用語集
DICTIONARY

用語集

任意売却

任意売却とは、何らかの理由で住宅ローンなどの借入金の返済ができなくなったときに行う、債務超過状態の不動産を債権者の合意を得て第三者に売却する手続きのことを指します。
住宅などの不動産購入するときには、ほとんどの場合金融機関で住宅ローンを組みます。住宅ローンを組む時に、金融機関は購入する物件を担保にとるために、抵当権を設定します。この抵当権は、住宅ローンを完済した後に解除することができますが、不動産の売却価格よりも住宅ローンの残債が多い場合には、不動産を売却したところで抵当権を解除することができません。そこで、金融機関と話し合いをして、不動産を売却してもなお住宅ローンの残債が残る場合でも、抵当権を解除してもらう手続きが、任意売却です。

債務者は売却によって得た代金を返済に充当し、債権者は抵当権を抹消しますが、自己負担額が発生するケースが多くあります。